不用品回収業者の選び方

>

不用品回収業者とはどのようなものなのか

業者を選ぶ時の下調べは必須

不用品回収業者を選ぶ上で下調べが必要な理由は、違法な業者かどうかを判断できるからです。
不要品の回収には国からの許可が必要で、一般家庭の不用品回収には一般廃棄物処理業の許可です。
産業廃棄物処理業と間違われることが多いので注意してください。

許可を得ていない業者は不法投棄や不適正処理などを行なっています。
高額な請求をされなかったからといって違法業者に依頼してしまうと、依頼主も罰せられることがあります。
違法行為を助長したと判断されるからです。

違法業者は身元をさらけ出すことを嫌がります。
ホームページやパンフレットなど会社の詳細を示すものがないので、許可証を確認する手段がありません。
許可証を確認できない業者には不用品回収を依頼しないようにしましょう。

許可を得ている業者に依頼しましょう

不用品回収業者が買い取りを行なっている場合には、古物商の許可を得ているか確認が必要です。
古物商の許可を得ずに買い取りを行なっている業者は違法業者です。
古物商の許可を得ずに海外に違法輸出している業者も存在しており、国際問題になっています。

なぜ古物商の許可が必要かと言いますと、古物には盗品が混っていることが多く、盗品を得ることは犯罪を助長することになってしまいます。
取引先を明確にすることと、不正品かどうかの申告を義務づけられています。
それらを守れる業者にだけ許可を出していますので、良い業者を見分けるために確認は必須です。

このように、許可証は業者が営業できる権利を得るだけではなく、利用者も自分の不用品がどのように処理されるかを確認できるものです。


TOPへ戻る